バンクシー非公式マガジン

バンクシーって誰?

BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

バンクシーは、長年のライバルとの最高裁判所での争いで、正体を明かさざるを得なくなる可能性があります。

130万ポンド(約2億3,800万円)の最高裁判所での訴訟内容によると、バンクシーは万引き犯にファッション店「GUESS」を狙うよう促すインスタグラムの投稿でライバル企業の評判を「著しく傷つけた」との訴えに直面している。

伝説的なグラフィティアーティストであるバンクシーは、リージェント・ストリートのショーウィンドウにバンクシーの代表作『Flower Bomber/フラワー・ボンバー』を掲載した2022年11月のSNS投稿をめぐり、アンドリュー・ギャラガー氏が経営する会社Full Colour Black社から訴訟を起こされている。

BRANDALISED(ブランダライズド)は、イギリスのFull Colour Black社によるグラフィティアートプロジェクトです。

バンクシーがGUESSに関するインスタグラム投稿

インスタグラムの投稿には、「すべての万引き犯に警告します。リージェントストリートのGUESSに行ってください。彼らは何も尋ねずに私のアートワークに協力してくれたのに、あなたが彼らの服に同じことをすることがどうして間違っているのでしょうか?」

画像には、ファッション店のロゴとギャラガー氏の「ブランダライズド」の名前とともに、「バンクシーのグラフィティ」を宣伝する店のウィンドウが示されている。

「Brandalized」の商標を所有するフルカラー・ブラック社の弁護士らは、高等裁判所への提出文書の中で、法廷闘争中に落書きアーティストの正体を暴くことを求める可能性があると述べた。

バンクシーとFull Color Blackの訴訟内容

「彼の本当の身元は一般に公開されていないが、『バンクシー』という偽名で公的活動を行っている」と彼らは述べている。

原告は、これらの手続きのために自らを明らかにする命令を求める権利を留保します。

Full Color Black Ltdは、Instagramの投稿が「重大な損害」と「重大な経済的損失」を引き起こしたとして、バンクシーと彼の会社Pest Control Office Limitedに対し、1,357,086ポンドの損失を求めて訴訟を起こしている。

バンクシーの1190万人のフォロワーのうちこの投稿を閲覧した人々は、同社が「許可やその他の法的権限なしにGUESSに画像のライセンスを供与することでバンクシーのアートワークを盗んだ」と信じるように誘導されただろうと主張しており、この示唆は名誉毀損に当たると同社は主張している。

Full Color Black「Brandalized」の主張

Full Color Black Ltdは、店のウィンドウディスプレイ用にバンクシーの「フラワーボンバー」アートワークの写真をライセンス供与するためにGUESSと合法的に協力したと述べた。

同社はバンクシーの作品を商業目的でコピーしたり再利用すべきではないと主張したため、2018年から2022年にかけてバンクシーとのEU商標権紛争に巻き込まれていた。フルカラーブラックは、「フラワーボンバー」の商標が2020年9月に取り消されたと発表した。

バンクシーのSNS投稿に関する動向

現在削除されたインスタグラムの投稿は「原告のビジネス上の評判の核心に迫る」主張をしており、オンラインで「いいね!」を集めたほか、ギャラガー氏の会社に対する「圧倒的に否定的な」コメントも集まったという。

「被告らによるポスト紙の出版と、完全に予見できたその再出版と反復は、原告の評判を著しく傷つけ、原告に非常に深刻な経済的損失を与えた」とフルカラー・ブラック社の弁護士は述べた。

投稿の公開後、ロンドンのリージェント・ストリートにあるGUESS店舗の外に群衆が現れ、店舗内外で騒乱が生じ、店舗は一般公開されなくなりました。

弁護士らはさらに、「ポスト紙は、申立人に関して非常に有害な虚偽の永続的な『デジタル・フットプリント』を作成したが、これは自社の制御を超えており、今後も申立人の評判に重大な損害を与え続ける可能性が高い」と付け加えた。

「ポストの公開の直接の結果として、申立人の顧客およびビジネスパートナーは、ライセンス契約やその他の契約をキャンセルまたは更新することを拒否したり、申立人への注文を中止したりしたため、申立人は非常に多大な経済的損失を被った。」

同社は名誉毀損で差し止めと損害賠償を求めている。

バンクシーと彼の会社には現在、高等裁判所の申し立てに対して返答する時間が与えられている。

LINE会員限定情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー2024年最新作『tree/天然の木』意味は都市部の環境破壊への警告?

  2. MUCA展@東京の作品解説&口コミ バンクシーからカウズ展はいつまで?アリエル日本巡回から読み方まで

  3. アーバンアートとは?意味・ストリートアートとの違いからアーバンアーティストの紹介まで

  4. 【偽物バンクシー】偽造工房を摘発、詐欺容疑・知的財産権侵害の疑いで4人逮捕

  5. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  6. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  7. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  8. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  9. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  10. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP