バンクシー非公式マガジン

バンクシーって誰?

POWで販売されたバンクシー本物作品!Pictures on Walls

2003年、当時の支配的な画商に敬遠されていたアーティスト、グラフィティライター、イラストレーターのコレクションによって開始されたギャラリーが「Pictures on Walls(POW)」です。

POWは、独自のアートの制作と販売をしており、新世代のアートを人々の家に直接届けることに成功しました。

オンライン販売は、アート界で何世紀にも渡って確立されたビジネスモデルを回避することができ、画商らの贔屓と既得権益を無意味にしました。

POWではアート作品の制作も行っており、フォイルブロックやパターン化されたエンボス加工の技術を開拓しました。また、業界で初めて非溶剤ベースのインクを使用したことで、版画作品が業界内のベンチマークになりました。

さらに、独立したアーティストの運営であるPOWは、画期的な展示会を主催し、ポップアップショップのコンセプトを開拓してきました。

多くのアーティストが成功し、ストリートアートはメインストリームの文化に歓迎されました。やがて、POWで制作したアート作品は、プレミアム価格で取引されるようになりました。

価格操作を試みにもかかわらず、POW作品は、数万ポンドの価値がつきました。

POWのメンバーは、かつて批判したアートのセカンダリーマーケットの一部になることができないとして、閉鎖を決めましたのです。

Have A Nice Day|Banksy

Have A Nice Day|バンクシー

POWの最初の印刷物であり、最も陽気な作品です。

制作日
01/03/2003
寸法
360 x 1000 mm
署名あり
50
署名なし
500

Girl With Balloon|Banksy

Girl With Balloon|バンクシー

ブリストルからの何人かの馬鹿は、夜に通りにスプレーした後、オフィスにやって来て、彼が何をしていたかを私たちに見せてくれました。「たぶんそれはプリントとして機能するだろう」私たちは、その2色だけだと思ったのですが、どうすればそれを台無しにすることができますか?

当初は75ポンドで販売されていました。ある日、これが「英国のお気に入りの芸術作品」に選ばれることを知っていたら、靴下を笑い飛ばしていたでしょう。とにかく、去年のニュースが発表されたとき、私たちはそれをしました。

制作日
2004年11月15日
寸法
500 x 700 mm
署名あり
150
署名なし
600

Kate Moss Original Colourway|Banksy

Kate Moss Original Colourway|バンクシー

彼女がピート・ドハーティに鼻を鳴らしていたという主張の真っ最中に制作されたこの版画は、写真家による法的措置の脅威と、ケイト自身によって要求された一連の特別版をもたらしました。

制作日
2005年11月21日
寸法
700 x 700 mm
署名あり
50

Nola (Grey Rain)|Banksy

Nola Grey Rain|バンクシー

制作日
2008年2月12日
寸法
560 x 760 mm
署名あり
63

Pulp Fiction|Banksy

Pulp Fiction|バンクシー

バンクシーはこの版画を嫌うようになり、その理由は簡単にわかります。ショアディッチの屋上で夜に描かれたとき、穏やかに面白くてかなり弾力のある画像は、紙の上で明らかに薄っぺらな一音の冗談になります。

リリースから数年後、アーティストは私たちに製品のリコールを発表し、「その完全なたわごと」を理由に払い戻しを提供するように頼みましたが、それまでに会社は全版の市場価格を買う余裕がありませんでした。バンクシー、申し訳ありませんが、すべてを勝ち取ることはできません。

制作日
2004年8月15日
寸法
700 x 500 mm
署名あり
600

Sale Ends|Banksy

Sale Ends|バンクシー

POWが閉鎖される前、最後に販売した作品です。

制作日
2017年7月11日
寸法
760 x 560 mm
署名あり
500

POWは、ペストコントロールの株主の1つでもあります。

バンクシーの秘書として、名を連ねているホリー・クッシングが事実上の運営責任者です。

バンクシー個人の会計士であるサイモン・ダーバンは、役員のひとりとして名を載せています。

LINE会員限定情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP