バンクシー非公式マガジン

バンクシーニューヨーク

バンクシー『ハンマーボーイ』の意味は?ニューヨークに残る場所はゼイバース近く

バンクシーが、ニューヨークで開催したBetter Out Than In」の20日目。2013年10月20日に公開した、ハンマーを持った少年が赤い消火栓を叩く様子を描いた『ハンマーボーイ』の意味とは、ストリート・アートが消化器という都市機能でも芸術にまで高め、見る人が楽しめる都市景観にできることの証明です。

ハンマーボーイの住所は「233 W 79th St, New York, NY 10024」。作品は建物の所有者で近所の老舗高級スーパー「ゼイバース」のオーナーによって保護され、ニューヨークに残っているいつでも誰でも自由に鑑賞できる観光名所となっています。

Hammer Boyの意味は、消化器

2013年10月20日(日)マンハッタン区のアッパー・ウエスト・サイドに登場した「Hammer Boy」。黒いスプレー・アートで描かれた少年が、ハンマーで叩こうとする赤い消火栓の上部には、火災報知機に通じるパイプが通っています。

この作品のモチーフは「ハイストライカー」という、遊園地などにある力試しゲームです。

モチーフは、ハイストライカー

タワーの下部をハンマーでたたくと、その力で装置が跳ね上がり、てっぺんのベルに当たると鐘が鳴るカーニバル・ゲームです。「Hammer Boy」での、ゲーム・ポイントは「消防署へのシャム接続」や「建物全体のスプリンクラー」と、電柱の横にある看板に書かれています。

バンクシーは、ニューヨークでの「Better Out Than In」を開催中、毎日ウェブサイトで作品の発表とともに、写真と街の名前、メッセージ、音声ガイドを掲載しました。

20日目は、街の名前「Upper West Side」とともに、写真を掲載しただけにとどまりました。

そのため、この作品の背後の意味やメッセージなどは、すべて純粋な憶測です。この作品は、パイプや看板などいくつかの都市機能を再利用した、ストリート・アートの完璧な例となっています。

都市機能は規定された用途に制限されていません。バンクシーはこの作品を通して、ストリート・アートによって、都市機能を芸術にまで高め、見る人が楽しめる都市景観の一部できることを証明しました。

ニューヨークで作品が残っている場所

バンクシー・ダズ・ニューヨークの20日目は、Manhattan(マンハッタン区)のUpper West Side、ブロードウェイのすぐ東の79番街に描かれました。

作品が描かれた「DSW」が入る建物は、近所の老舗高級スーパー「ゼイバース(ZABARS)」の所有ビルでした。ゼイバースのオーナーは、作品をアクリル板で覆って保護しました。

壁画の保存によって、落書きではなくアートワークとして認め、作品の価値を高めました。さらに、バンクシーの名前と名声は、他のストリート・アートと比較しても、地位を高めています。しかし、この処置だけでは事態は収まりませんでした。

翌日、ライバルのグラフティ・アーティストによって、バンクシーだけを特別扱いせずに、アーティストを公平に扱えいう意味の「ストリートに決めさせろ」という文字がアクリル板の上に書かれてしまったのです。

その後、アクリル板は何度か取り替えられ、現在は「ゼイバーズで買い物して、バンクシー作品を守ろう」という看板が取り付けられ、ニューヨークの観光スポットとなっています。

ニューヨークの上流階級が住む街に、バンクシー作品があるという事実は、グラフィティよりも芸術作品に近い、より洗練されたタイプのグラフィティということを体現しています。

グラフィティ、ストリートアート、落書き、器物破損行為を同一視することは、常に議論と評価の対象となってきました。バンクシー作品が議論の対象にならないのは、都市機能を変革させようとするインスピレーションと評価です。

この地域の心地よい雰囲気を損なう可能性がありながらも、空間と生活をより良くより芸術的な表現に変えます。ストリート・アートは、すべての人により芸術的な目で世界を見ることを促します。

「ハンマー・ボーイ」は、シンプルで非常に親しみやすい芸術作品です。街の静かな場所に、個性と芸術文化を加えており、創造者を表現するだけでなく、芸術を愛し、話し、吸い込む街にぴったりの作品です。

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!

バンクシー非公式マガジンBANDALのTwitter

バンクシー非公式マガジンBANDALでは、Twitterにて作品解説をしています。

ぜひ、フォローしてみてください!

X(旧Twitter)で最新情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP