バンクシー非公式マガジン

バンクシーニューヨーク

バンクシー『The Banality of Evil(凡庸な悪)』意味はナチス親衛隊?悪の凡庸さ・悪の陳腐さ

バンクシーが、2013年10月29日(火)にニューヨークのマンハッタンにあるリサイクルショップで公開した作品が「The Banality of the Banality of Evil.(凡庸な悪)」です。

ニューヨークで開催したBetter Out Than In」の29日目は、グラマシー・パークにある非営利団体「Housing Works」が運営するスリフトショップで購入した50ドルの古い絵画に、バンクシーが手を加え返却されました。美しい風景の前のベンチに、ナチス親衛隊が描き加えられています。

バンクシー「The Banality of Evil(凡庸な悪)」ナチス親衛隊の意味

「The Banality of Evil」とは、悪は悪人が作り出すのではなく、思考停止の凡人が作るという意味です。

「凡庸な悪」とも訳されるこの言葉は、政治哲学者ハンナ・アーレントがナチス政権による「ユダヤ人問題の最終的解決(ホロコースト)」の親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンの裁判の記録を元に『エルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告』で著しました。

数百万のユダヤ人を強制収容所へ移送するにあたって指揮的役割を担ったアドルフ・アイヒマンは、「自分の所属する組織の命令に従ったまで」であり「自分の意志ではない」と抗弁し無罪を主張し続けました。

第二次大戦中に起きたナチスによるユダヤ人迫害のような「悪」は、思考停止し外的規範に盲従した人々によって行われた陳腐なものという考え方です。「凡庸な悪」は、表層的な悪であるからこそ、社会に蔓延し世界を壊滅させうるもの。つまり、どこにでもある「凡庸なこと」なのだという概念です。

このバンクシー作品のメッセージは、歴史上の巨悪の多くは、自分たちの行動を「普通」と受け入れてきた「普通」の人々によって行われてきたと解釈することができます。

バンクシーがハウジング・ワークスへ寄付した作品

ハウジング・ワークスは、低所得者やエイズの人たちの支援活動をしている非営利団体です。バンクシーの作品は、そのハウジング・ワークスが運営するスリフトショップのウィンドウに展示されました。

スリフトショップ(Thrift Shop)とは、寄付で集めた衣類や小物、または、家具や家電、食器などを売るお店です。お店の売上を、ホームレスや低所得者への住居や医療・食料の補助、職業斡旋などに使用しています。アメリカ国内のHIV保持者は120万人、うち10万人がニューヨークにいると言われています。HIVは、保持者というだけで職に就けず、ホームレスとなる人も多いのが現状です。

バンクシー「凡庸な悪」ナチス親衛隊の最期

バンクシーの公式サイトによると、「スリフトショップの絵画は破壊され、スリフトショップに再寄付された」といいます。

マネージャーのロブさんは、「この絵は2か月前に約50ドルで売られていました。ただ、また現れたのです。今朝からずっとそこにあったのに、誰も気づかなかったのです。」と語りました。他のスタッフによるとその絵は「匿名の寄付者」から贈られたものだと言い、ウィンドウに飾るようにという提案も受けたようです。

ウィンドウに展示された商品は、オークションにかけられることもあり、誰でも入札することができます。さらに通常、支援内容や金額などは、アニュアルレポートやフィナンシャルレポートに掲載されます。

バンクシー作品もオークションに出品されました。最低価格7万6000ドルで始まった競売は、61万5000ドルで落札されたという話もありますが、正確に何が起こったのかについて多くの論争があります。

ニューヨークの場所はどこ?ハウジングワークス・スリフトショップ・グラマシー

バンクシー・ダズ・ニューヨークの29日目は、マンハッタン区のグラマシー・パークにあるハウジング・ワークスのスリフトショップに登場しました。

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!

バンクシー「Better Out Than In」意味とニューヨーク31作品を紹介!

 

LINE会員限定情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP