バンクシー非公式マガジン

バンクシーニューヨーク

【バンクシー】Cancelledの意味とは、キャンセル?ニューヨーク23日目

バンクシーが、ニューヨークで開催したレジデンス・アートBetter Out Than In」。

ブルームバーグ市長が「他人の所有物や公共物にいたずらしたり汚したりする行為は、私に言わせれば芸術とは言えない」と記者会見で不快感を表し、ニューヨーク市警察に対して「バンクシーが落書きを描いているところを見つけた場合は、すぐに逮捕するように」と、指示を出すなど街中の話題になっていた23日目。

この日の午前中「バンクシーが逮捕された」という噂が、インスタグラムを中心に広まりました。

バンクシーが逮捕された?

「バンクシー逮捕」の噂の発端は、バンクシーのインスタアカウントへのコメント投稿でした。

今朝6時頃、バンクシーと2人の助手が作品を描いるところを逮捕したと、ニューヨーク市警察署「第79管区」の友人から聞いたよ。警察は、別の場所でもバンクシーたちを映像に撮っていたんだ。

Friend at 79th precinct said they nabbed banksy and 2 helpers in the act this morning around 6:00 a.m.  They have them on video at another location too.

しかし、ニューヨーク市警察の広報は「第79管区で、落書きに関する逮捕者はいません」と、この噂を否定しました。

さらに、「バンクシーは、逮捕されていません」と具体的に述べました。

Cancelledの意味は、中止

ニューヨークでの「Better Out Than In」を開催中、ウェブサイトで作品の発表とともに、写真と街の名前、メッセージ、音声ガイドが毎日公開されました。

2013年10月23日(水)11:30頃に登場したのが、いつもと異なるメッセージが書かれた写真でした。

Today’s art has been cancelled due to police activity

直訳すると、「今日のアートは警察の動きにより中止となりました」となります。

31日の中で唯一、作品が登場しなかった23日目。

午後から夜にかけて、作品が投稿されるかもと予想したファンもいたようですが、この日は他に何も投稿されませんでした.

ここがもし、ニューヨークではなくリオデジャネイロであれば、幻となった作品も見れたかもしれません。

ストリート・アートが合法なブラジル

2009年3月、ブラジル政府はストリート・アートを合法化する法律「706/07」を可決しました。都市の建物やモニュメントの汚損を罰する連邦法の改正により、所有者の同意を得て行うストリート・アートは合法化され、真のルネッサンスに拍車をかけました.

リオ・デ・ジャネイロでは、ストリート・アートが至る所に見られます。美術学校ではストリート・アート専用のカリキュラムが作成され、サンパウロでは「グラフィティ・ファイン・アート」の展覧会が開催されました。

ストリート・アートは街とスラム街を結ぶ、コミュニティ構築の重要なツールです。「ファベーラ・ペインティング(スラム街の壁画)」は、街や全体を描くアート組織を形成しています。

そして、最も重要なことは、ストリート・アーティストと建物の所有者との関係が大きく変化したことです。所有者はアーティストに作品を依頼することが多く、アーティストは所有者に建物のペイントする許可を取ります。まさに「市民と都市の合意」です。

ストリート・アートは、スラム街から上流階級の地域まで、街の隅々に存在しています。それは大胆なスケールと美学であり、落書きではありません。ストリート・アートと都市構造の統合は、街を歩けば明らかです。

ストリート・アートは、都市の美学とコミュニティ構築に貢献するのです。

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!残っている場所もご案内

X(旧Twitter)で最新情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP