バンクシー非公式マガジン

バンクシーニューヨーク

オスジェメオス&バンクシー作品『Collaborates with Os Gemeos』の意味とは?#banksyny18

バンクシーが、ニューヨークで開催したBetter Out Than In」の18日目。

2013年10月18日に公開したのが、双子のストリート・アーティスト「Os Gêmeos(オス・ジェメオス)」とのコラボレーション作品「Collaborates with Os Gemeos」です。

オスジェメオス作品の意味は、占拠運動の衰退

2013年10月18日(金)チェルシー地区に登場した「Collaborates with Os Gemeos」。ハイラインと呼ばれる高架跡地を再開発した空中庭園の下にあるスペースで、開かれたオープン・エアー・ギャラリー「Banksy x Os Gemeos」。

作品は2つのバリエーションがあり、マスクをかぶった黄色の市民に取り囲まれた1人の機動隊を描いた作品と、その逆のバージョンのペア作品が公開されました。

オス・ジェメオスは、ブラジル・サンパウロ出身の双子の兄弟「オタヴィオ・パンドルフォ」と「グスタヴォ・パンドルフォ」によるグラフィティ・アーティスト・デュオです。

大きめの顔に細い手足で黄色い肌のキャラクターが、最もよく知られています。黄色い肌は特定の人種や文化に関したモチーフではなく、世界の多様な人々を映し出しています。また、双子であるため時々、共有するという「夢」からインスピレーションを受けた象徴的な視覚言語も使用します。そんな作品は、異世界への入り口が示唆されており、シュールで奇想天外な世界へと誘われます。

「Collaborates with Os Gemeos」は「アート・ワールド」の批判と、「ウォール街を占拠せよ運動」へのオマージュ的な意味があります。

West 24th streetと共に音声ガイドを公開

ニューヨークでの「Better Out Than In」を開催中、毎日ウェブサイトで作品の発表とともに、写真と街の名前、メッセージ、音声ガイドが掲載されました。

1日目は街の名前「West 24th street」とともに、このような謎のメッセージが掲載されました。

Are you the sort of person who enjoys going to art galleries but wished they had more gravel in them? Then this temporary exhibition space is for you. Housing just two paintings but also featuring a bench, some carpet and complimentary refreshments. Opens today through Sunday 11am till midnight.

美術館に行くのは楽しいけれど、もっと砂利(イライラさせるもの)があればいいのに、と思っている人はいませんか?この仮設展示場は、そんなあなたのためにあります。たった2枚の絵が展示されているだけですが、ベンチやカーペットもあり、無料の飲み物も用意されています。今日から日曜日まで、午前11時から深夜0時までオープンしています。

そして、音声ガイドも公開しています。

実際に目で見ることができる絵画です。

「ウォール街を占拠せよ運動」の挫折によって、私たちはすべてのビッグ・アイデアがすでに崩壊しているのかどうかを考えざるを得なくなりました。しかし、すべてのビッグ・アイデアが崩壊したという考え方が崩壊したらどうだろうか。そのとき、私たちはどこにいるのだろうか。

「ウォール街を占拠せよ運動」に触発されたこの作品は、ヴィレッジ・ヴォイス紙の独占インタビューの表紙ですでに登場していました。

この作品は「アート・ワールド」への批判でもあります。

アート・ワールドとは、芸術界・美術業界と訳され、広義には芸術に関わるあらゆる領域で構成された世界観を指す言葉。狭義には、美術業界でも一定の権威を有する社会集団を名指すための言葉。

アート・ギャラリーが軒を連ねる街の中心で、2点の作品を展示することが、99%の人々にとってどのような意味を持つのかわかりません。バンクシー作品が再利用されているのは、ストリートで描くことで証明されているのだ。とリサイクルを推進する社会集団が、アートをギャラリーの中に留め、再利用しないことへ皮肉を込めたアート・ジョークを含んでいます。

最後に、作品を吊るすため不動産所有者に、50,000ドル(31,000ポンド)を支払ったと報道したFOXニュースの主張に反論するようにこう掲載しました。

なぜストリートで展覧会をしたいのかと聞かれますが、最近ギャラリーに行ったことがありますか?満杯なんですよ。このスペースは、FOXニュースの報道とは異なり、親切なオーナーから無償で提供されました。

People ask why I want to have an exhibition in the streets, but have you been to an art gallery recently? They’re full. Contrary to reports on fox news this space was kindly donated for free by the owner.

ニューヨークで作品が描かれた場所

バンクシー・ダズ・ニューヨークの18日目は、西チェルシー地区24番街の鉄道の架台から鎖で吊るされて登場しました。チェルシーは、かつて工場が立ち並んでいた場所に、200を超えるアート・ギャラリーが軒を連ね、鉄道の旧高架上に造られた公園であるハイラインなどの最新の名所もある、多様性に富んだ街です。

このポップアップ展覧会は、金網の中で一般公開され、制服を着た警備員によって順番に案内されました。

絵が厳重に守られているのは、作品が上書きされ、洗い流され、犬におしっこをされるなど、潜在的な破壊行為から保護するための新しい手段です。そして、ニューヨーク市のブルームバーグ市長は、バンクシーを「Vandal(破壊者)」と呼び、ニューヨーク市警察の「Vandal Squad(破壊者部隊)」が彼を探しています。

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!

バンクシー『Better Out Than In』意味は、屋内より屋外が良い!31作品解説 #benksyny

LINE会員限定情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP