バンクシー非公式マガジン

バンクシーニューヨーク

【バンクシー】Twin Towersの意味とはツイン タワーズ?ニューヨーク15日目

バンクシーが、ニューヨークで開催したBetter Out Than In」の15日目。

2013年10月15日に公開したのが、ワールド・トレード・センターでのテロ攻撃の犠牲者と影響を受けたすべての人々に敬意を表した「Twin Towers」です。

Twin Towersの意味は、世界貿易センタービル

2013年10月15日(火)マンハッタン区トライベッカ地区に登場した「Twin Towers」。

この地区には、現在ワン・ワールド・トレードが建っており、かつてのワールド・トレード・センターの本拠地でもありました。

「Twin Towers」の意味は「世界貿易センタービル」です。

2001911日の同時多発テロ攻撃は、世界中の人々の記憶に永遠に刻み込まれ、ニューヨーカーだけでなく、世界中の人々が団結するきっかけとなりました。

バンクシーは、ニューヨークの象徴的な2つタワーを特徴的なステンシル技法で描き、歴史の流れを変えた飛行機が衝突したサウス・タワーにオレンジ色の花を置いて爆発を表現しました。

ツイン・タワーに敬意を表するとともに、希望を与え、悲劇から何か美しいものが生まれ成長する可能性があることを示唆しています。

バンクシーは、反戦と反暴力を数々の作品のテーマにしてきました。この作品でも、さらなる愛、公平、理解、思いやりへの呼びかけをおこない、SNSを通じて世界へと拡散させています。

ニューヨークで作品が描かれた場所

ニューヨークでの「Better Out Than In」を開催中、毎日ウェブサイトで作品の発表とともに、写真と街の名前、メッセージ、音声ガイドが掲載されました。

15日目は街の名前「Tribeca」のみが掲載されました。

Tribeca(トライベッカ)は、古い工業建築物で知られる最先端の区域です。現在その多くは居住用のロフトスペースに変わ利、石畳の通りには、流行のブティックやレストランが並んでいます。

「Twin Towers」は、ビルの間を南北に走るわずか3ブロックのステープルズ・ストリートに描かれました。この通りは、かつてはグラフィティ・ギャラリーのようなもので、ストリート・アートや、グラフィティなどが描かれ、ライバルによって上書きされてきました。

バンクシーの作品もその対象であり、注釈が付けられたり、他のアーティストによって上書きされたり、再販価値が高いために切り取られたりしています。「Twin Towers」は、「It’s an Inside Job」というピンク色の落書きで、すぐに上書きされました。

もう1つの「Twin Towers」

翌日、フルーツ・ストリートのシッティング・エリアで「Twin Towers」のトリビュート作品が見つかりました。

ただ、この作品にはタワーの尖塔と花が置かれていません。

このエリアは、夜間にニューヨーク警察がパトロールすることが多く、この通りをよく運転して通り抜けるため、完成する前に逃げなければいけない状況にあったのかと推測されています。

誰かがこの作品に黄色い小さな花をつけて「Twin Towers」を真似ました。

この場所は、新しいニューヨークのスカイラインを見つめることができる素晴らしいロケーションです。

この作品もまた、希望を与え、悲劇から何か美しいものが生まれ成長する可能性を示唆する作品となりました。

ストリート・アートが持つ力

パブリック・アートであるストリート・アートは、美術館では無視されている問題に注目させる力を持っています。人を刺激し、考えさせ、自分も作品に参加でき、より多くの人に無料で見てもらえます。

バンクシーは既存のシステムに反旗を翻す、詩的で、政治的で、気まぐれな、現代を生きるメディアの巨匠なのです。

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!

バンクシー「Better Out Than In」ニューヨーク31作品を紹介!残っている場所もご案内

X(旧Twitter)で最新情報をお届け中♪

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
BANDAL

BANDAL

アーティスト

バンクシーは日本が嫌いです。誰もが15分間で有名になれる時代に、誰も正体を知らないストリートアーティストの真実に迫るマガジン『BANDAL』公式アカウント。作品解説や現存する場所、偽物検証などの情報を発信中。

  1. バンクシー最新作2023『STOP WAR』の意味は武器貿易批判?パレスチナ・ガザ地区へのメッセージ作品

  2. 【ロンドン】バンクシー地図で巡る!イギリスに現存する有名なネズミの作品などの場所

  3. 【ブリストル】バンクシーマップ18作品!BANKSYの故郷を巡るデジタルツアーへご案内

  4. 『英国の偉大なスプレーケーション』バンクシー2021年新作9作品の意味を解説!

  5. 【2023年 京都 関西】MUCA展 ICONS of Urban Art ~バンクシーからカウズまで~

  6. BRANDALISED、バンクシーの「万引き犯扇動SNS投稿」をめぐり2億3,800万円で訴える

  7. バンクシー『Wrong War』反イラク戦争抗議プラカードがオークションに出品される

  8. バンクシー『GUESS × BRANDALISED』万引き犯を扇動?匿名性の著作権と商標権

  9. 【2023年】バンクシー展 GMOデジタル美術館 東京・渋谷に行ってみたクチコミ!

  10. バンクシー絵画の値段一覧!オークション落札額30位まで

バンクシー人気ランキング

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

バンクシー作品の意味

1万円からバンクシーを所有

RELATED

PAGE TOP